【ファーム】上原健太が6回1失点 郡拓也&海老原一佳の本塁打などで北海道日本ハムが快勝

2020-08-02 15:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ・郡 リードを広げる今シーズン第1号のホームラン!! 2020/8/2 M-F(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 8月2日、ロッテ浦和球場行われた千葉ロッテと北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は投打がかみ合った北海道日本ハムが6対2で勝利を収めた。

 北海道日本ハムは2回表、6番・清水優心選手が四球で出塁すると8番・今井順之助選手に適時二塁打が生まれ、先制に成功する。続く3回表、2番・田宮裕涼選手と3番・樋口龍之介選手が連打で1死2、3塁の好機を演出。ここで4番・万波中正選手が適時三塁打を放ち、2点を追加した。その後、敵失間にも1点を奪うと、4回表には8番・郡拓也選手に1号ソロが生まれ、リードを広げる。

 頼もしい援護を受けた北海道日本ハムの先発・上原健太投手は初回から毎回走者を背負い、4回裏には5番・山口航輝選手の適時打で1点を献上するも、要所を締める投球でリードは譲らず。

 4点をリードする北海道日本ハムは7回から継投に入る。7回裏に登板した鈴木遼太郎投手が高濱卓也選手のソロを浴びるも、直後の8回表に海老原一佳選手が本塁打を放つ。8回裏は村田透投手が無失点に抑え、試合は最終回へ。9回裏は長谷川凌汰投手が無失点に締めて試合終了。北海道日本ハムが6対2で勝利した。

 勝利した北海道日本ハムは先発の上原健太投手が6回5安打2四球1失点の好投を披露。打線も序盤から効率よく得点を重ね、連勝を飾った。一方、敗れた千葉ロッテは先発・二木康太投手が4回6安打2四球5失点と振るわず、打線も毎回走者を出しながらも、あと1本が出なかった。

  123456789 計
日 013100010 6
ロ 000100100 2

日 ○上原健太-鈴木遼太郎-村田透-長谷川凌汰
ロ ●二木康太-本前郁也-佐々木千隼-鎌田光津希-渡邉啓太-アコスタ

文・後藤万結子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク