好調続く井上晴哉に一発は出るか。雪辱を期すオリックスは山本由伸が先発

2020-08-03 20:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2回裏】マリーンズ・井上がライトスタンドへの先制2ランホームランを放つ!! 2020/7/28 M-E(C)パーソル パ・リーグTV

 8月4日、京セラドーム大阪でオリックスと千葉ロッテの第7回戦が18時から行われる。前回の対戦では千葉ロッテがカード6連勝とオリックスを圧倒した。

【今季対戦成績】
オリックス→0勝6敗
千葉ロッテ→6勝0敗

【オリックス】山本由伸投手 6試合3勝1敗 42.2回 45奪三振、防御率2.74
【千葉ロッテ】美馬学投手 6試合2勝2敗 34.2回 31奪三振、防御率5.71

 オリックスの先発は山本由伸投手。7月26日の楽天戦では初回に3点の援護をもらうも、4、5回に集中打を浴びてリードを守ることができなかった。前回対戦では黒星を喫した千葉ロッテに雪辱を果たし、カード初戦を勝利で飾ることができるか。野手陣では、7月31日に復帰を果たした福田周平選手に注目だ。復帰初戦からいきなりマルチ安打を記録すると、続く8月1日の試合でも1安打と結果を残した。この試合でも攻守で駆け回る活躍に期待したい。

 対する千葉ロッテは美馬学投手が先発。ここ2試合ではいずれも6失点以上を喫し、イニング途中での降板と振るわない登板が続いている。6月28日の登板では7回3失点と好投したオリックスを相手に、面目躍如といきたいところだ。打線からは井上晴哉選手の注目したい。7月28日の試合では1試合3本塁打を記録するなど、楽天との6連戦で8打点を稼いだ井上選手。好調が続く主砲が、チームを連勝に導くか。

文・成田康史

関連リンク