鷹、30代の1軍スタッフが新型コロナに感染 1軍の監督、選手ら86人は陰性

2020-08-03 22:01 「Full-Count」福谷佑介
オンライン会見を行った福岡ソフトバンク・三笠杉彦GM※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

オンライン会見を行った福岡ソフトバンク・三笠杉彦GM※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

1日に感染が明らかになった長谷川に続く陽性判定

 福岡ソフトバンクは3日、新たに30代の球団スタッフが新型コロナウイルスへの陽性反応を受けたと発表した。長谷川勇也外野手の新型コロナウイルス感染を受けて、2日に約200人の選手、スタッフがPCR検査を受検。この検査で球団スタッフは要再検査となり、3日に受けた再検査の結果に陽性が判明した。

 そのほかの1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ86人については陰性だった。また福岡ソフトバンクの社内調査で2人が濃厚接触者である可能性があり、この2人は自宅待機となっている。陰性判定だった1軍の監督、選手、スタッフらは仙台に移動している。この日発表されたのは1軍の監督、選手らのみで、1軍以外のファームの首脳陣や選手、スタッフについてのPCR検査結果発表は4日以降になる。

 1日に長谷川の新型コロナウイルスの陽性反応が明らかになり、2日の埼玉西武戦は急遽、中止に。選手、スタッフら約200人が2日までにPCR検査を受検した。ファーム施設を経由しての感染の可能性のあった1軍選手、スタッフ7人は1日夜にPCR検査を受けて陰性だった。これによりファーム施設を経由しての1軍の監督、選手らへの感染の広がりはないと判断し、この日は全体練習が行われていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)