福岡ソフトバンク、1軍は今後も通常通りの活動へ 4日の楽天戦も予定通り開催

2020-08-04 13:49 「Full-Count」福谷佑介
オンライン会見を行った福岡ソフトバンク・三笠杉彦GM※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

オンライン会見を行った福岡ソフトバンク・三笠杉彦GM※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

1日に長谷川、3日は1軍スタッフの新型コロナウイルスの感染が判明していた

 福岡ソフトバンクは4日、三笠杉彦GMがオンライン会見を行い、1軍が今後も通常通りの活動を行うことを決めたと発表した。

 NPB、専門家、地域アドバイザー、保健所と連携して活動方針を検討。三笠GMは「NPBのガイドラインに準拠し、感染防止措置の状況、チームスタッフの就業状況を鑑みて、チームスタッフ及びスタッフと同じ控室を利用していた2人を除いた選手、監督は通常通り活動するという結論になった」と説明した。

 福岡ソフトバンクでは1日に長谷川が新型コロナウイルスに感染していることが判明。これを受けて2日の埼玉西武戦は中止とし、選手、スタッフら約200人がPCR検査を受検した。ここで「要再検査」と判定された1軍スタッフが、3日の再検査で陽性判定を受けた。

 福岡ソフトバンクは3日に1軍の監督、選手、スタッフら87人のPCR検査の結果を発表。1軍の30代スタッフを除く86人は陰性だった。三笠GMは「我々が活動を続けるということであれば、試合も実施すると、イーグルスさんとはコミュニケーションを進めている」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)