吉田正尚が土壇場で同点打! オリックス対千葉ロッテは延長戦の末ドロー

2020-08-04 22:23 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/4 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月4日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第7回戦は、オリックスが9回裏2死から同点に追いつき、5対5の引き分けで終了した。

 千葉ロッテは初回、1死から2番・中村奨吾選手が二塁打を放つと、4番・安田尚憲選手がオリックスの先発・山本由伸投手の初球を捉え、先制に成功。さらに2回表、9番・藤岡裕大選手、2番・中村選手に適時打が生まれると、4回表には1番・福田秀平選手の1号ソロでリードを広げる。

 2回裏にモヤ選手の適時打で1点を奪って以降、千葉ロッテの先発・美馬学投手を打ち崩せずにいたオリックス打線だったが、7回裏に猛追を見せる。先頭のモヤ選手、8番・小田裕也選手の安打などで1死2、3塁とすると安達了一選手が適時打を放ち、1点を追加。なおも好機で代打・伏見寅威選手が適時打を放ち、4対5と1点差に迫る。

 すると9回裏、先頭の安達選手が敵失で出塁すると、3番・吉田正尚選手が千葉ロッテの守護神・益田直也投手に対して2死から起死回生の同点打を放ち、土壇場で追いつく。試合は最終回に再び振り出しに戻り、延長戦に突入するが、延長10回は両軍ともに得点することができず、5対5で終了。6連戦の初戦は両軍あわせて25安打の乱打戦を繰り広げるも、決着がつかなかった。

 オリックスは先発・山本由伸投手が6回8安打3四死球5失点と振るわなかったが、打線が試合終盤に奮起し、9回2死から同点に追いつくなど粘り強さを見せた。一方の千葉ロッテは、先発・美馬学投手が7回途中8安打4失点の内容で勝ち投手の権利を得て降板するも、守護神・益田直也投手が失策から崩れた。打線は序盤に得点を重ねるも、4回以降は好機を生かしきれなかった。

  12345678910 計
ロ 1301000000  5
オ 0100003010  5

ロ 美馬学-松永昂大-ハーマン-益田直也-唐川侑己
オ 山本由伸-吉田一将-ヒギンス-吉田凌-齋藤綱記-荒西祐大-ディクソン

文・後藤万結子

関連リンク