【ファーム】今井順之助が勝ち越し2ラン。北海道日本ハムが1失点リレーで4連勝

2020-08-05 16:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】打った瞬間の当たり!! ファイターズ・今井順之助の勝ち越しとなる2ランホームラン!! 2020/8/5 F-S(C)パーソル パ・リーグTV

 8月5日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第4回戦は、3対1で北海道日本ハムが勝利。東京ヤクルト相手に連勝を飾り、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

 北海道日本ハムの先発は3年目の宮台康平投手。初回、渡邉大樹選手に1号先頭打者本塁打を浴び、いきなり先制点を献上したが、以降は走者を背負いながらも要所を締める投球を披露。結果的には3回打者12人に対し49球、3安打3奪三振3四球1失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の打線は1回裏、1番・淺間大基選手が安打で出塁、敵失策の間に3塁を踏むと、3番・王柏融選手の犠飛で試合を振り出しに。しかし2回以降は東京ヤクルトの先発・イノーア投手の前に、走者を出しながらも追加点を挙げられず。1対1のまま試合は終盤7回へ突入した。

 北海道日本ハムは7回表、4番手の斎藤佑樹投手がピンチを招きながらも無失点で締めると、7回裏に打線が今井順之助選手の2号2ランで勝ち越しに成功する。以降は8回表を村田透投手、9回表を長谷川凌汰投手が3者凡退に抑え、3対1で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、6投手が1失点リレーを披露。打線は6回まで4安打1得点と苦しんだが、7回に今井選手の一振りで試合を決めた。一方敗れた東京ヤクルトは、先発したイノーア投手が6.1回6安打1四球3失点(自責点2)の力投を見せたが、打線が渡邉選手の本塁打で挙げた1得点のみと援護できなかった。

  123456789 計
ヤ 100000000 1
日 10000020X 3

ヤ ●イノーア-中尾輝-近藤一樹
日 宮台康平-鈴木遼太郎-浦野博司-○斎藤佑樹-村田透-S長谷川凌汰 

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】ファイターズ・鈴木遼 2回を無失点に抑える好投を披露!! 2020/8/5 F-S(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク