主砲・中田翔が先制の2点適時二塁打! 12安打5得点で北海道日本ハムが勝利

2020-08-06 21:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/6 ファイターズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月6日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第6回戦は、5対3で北海道日本ハムが勝利。初回から3得点を挙げると、中盤、終盤と追加点を加え逃げ切った。

 打線は1回裏、1番・西川遥輝選手が安打で出塁するなど1死1、2塁の好機を得る。ここで4番・中田翔選手、5番・大田泰示選手の連続適時二塁打が生まれ、埼玉西武の先発・與座海人投手から3点を先制する。

 先発・河野竜生投手は2回表に埼玉西武の6番・木村文紀選手の適時二塁打で1点、4回表には7番・メヒア選手の今季初安打となる1号ソロでさらに1点を返され3対2とする。しかし要所を締めてリードを保ったまま、5回4安打3四球5奪三振2失点という内容でマウンドを後続に託した。

 追加点が欲しい打線は4回裏、8番・宇佐見真吾選手、9番・石井一成選手の連打などで1死満塁とすると、西川選手の適時打で1点を追加。7回裏にも6番・横尾俊建選手、宇佐美選手の安打で満塁とし、石井一選手の適時打で追加点を挙げ、スコアは5対2に。

 6回からは継投策に入り、6回表を玉井大翔投手、7回表を堀瑞輝投手が無失点につなぐ。8回表に登板した宮西尚生投手は制球を乱し、押し出し死球を与えたが、後続を打ち取りリードを保って試合は最終回へ。

 2点リードの9回表は秋吉亮投手が登板し、無失点に抑え5対3で試合終了。勝利した北海道日本ハムは先発・河野投手が5回2失点で今季2勝目。救援陣もリードを保ち、逃げ切った。打線は初回から中田選手、大田選手の中軸が機能し3得点を挙げるなど12安打5得点と埼玉西武投手陣を攻略した。

 一方の埼玉西武は先発・與座投手が4回途中4失点で降板。救援陣は走者を出しながらも最少失点でとどめたが、打線が振るわず。メヒア選手の今季初安打となる1号ソロが生まれるなど反撃は見せたが、走者をためた場面での一発が出ず。序盤の失点が重くのしかかった。

  123456789 計
西 010100010 3
日 30010010X 5

西 ●與座海人-小川龍也-宮川哲-今井達也-森脇亮介
日 ○河野竜生-玉井大翔-堀瑞輝-宮西尚生-S秋吉亮

文・丹羽海凪

関連リンク