ステフェン・ロメロが2本塁打5打点の大暴れ。楽天イーグルスが鮮やかな逆転勝利を飾る

2020-08-07 21:17 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/7 イーグルス対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月7日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと福岡ソフトバンクの第10回戦は、7対4で楽天イーグルスが勝利。7回に一挙5得点の猛攻を見せ、逆転勝利を収めた。

 1回表、福岡ソフトバンクの1番・上林誠知選手に先頭打者アーチが飛び出し、1死から3番・柳田悠岐選手も11号ソロ。楽天の先発・則本昂大投手は初回から2点を先制される展開となった。

 3回表には中村晃選手の適時打でリードを3点に広げられた楽天だったが、試合中盤に入ったところで反撃に出た。6回裏、ここまで粘投を見せていた先発・東浜巨投手に対して3番・ロメロ選手が甘く入った変化球をジャストミート。打球はあっという間にレフトスタンドに突き刺さる追撃の12号2ランとなった。

 1点差で迎えた7回裏には、先頭の銀次選手が四球を選び、東浜投手のワイルドピッチも絡んで1死1、3塁とチャンスを拡大。ここで小深田大翔選手が右中間への2点適時三塁打を放って一気に逆転に成功する。

 さらに1死1、3塁としたところで、打席には前の打席で本塁打を放ったロメロ選手。福岡ソフトバンク・高橋礼投手の甘く入った変化球を逃さずに振り抜くと、打球は美しいアーチを描いてレフトスタンドに飛び込む2打席連続の13号3ランとなり、スコアは7対2。この回一挙5得点の猛攻で試合をひっくり返した。

 楽天は8回表のマウンドへ牧田和久投手を送る。持ち味のテンポの良い投球で福岡ソフトバンク打線をわずか10球で抑える。9回表にはブセニッツ投手が1点を失ったものの、後続を断って試合終了。楽天が福岡ソフトバンクに7対4で勝利した。

 楽天は6回裏に反撃ののろしを上げると、続く7回裏にビッグイニングを作り逆転に成功。主砲・ロメロ選手は追撃、ダメ押しと一発が欲しい場面で見事に期待に応えた。敗れた福岡ソフトバンクは、東浜投手が粘投を続けていたものの終盤に崩れた。

  123456789 計
ソ 201000001 4
楽 00000250X 7

ソ ●東浜巨-嘉弥真新也-高橋礼-津森宥紀
楽 則本昂大-○宋家豪-牧田和久-ブセニッツ

文・吉田貴

関連リンク