【ファーム】代打・宗接唯人が1号2ラン。加藤翔平、山口航輝はマルチ安打の活躍

2020-08-07 16:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】代打の一発!! マリーンズ・宗接唯人が2ランホームラン!! 2020/8/7 E-M(C)パーソル パ・リーグTV

 8月7日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天イーグルスと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦第1回戦は、6対2で千葉ロッテが勝利。投打がかみ合いカード初戦を制した。

 先制したのは千葉ロッテだ。2番・平沢大河選手が四球で出塁すると3番・加藤翔平選手、4番・香月一也選手の連続適時打で2点を先制する。さらに7番・山口航輝選手のヒットなどで満塁とすると、7番・松田進選手の押し出し死球で1点を追加しリードを広げる。

 その直後、楽天は1番・小郷裕哉選手の三塁打で無死3塁とすると、3番・黒川史陽選手のゴロの間に1点を返す。4回裏には黒川史陽選手、4番・岩見雅紀選手の連打で無死1、3塁のチャンスをつくると、5番・岡島豪郎選手の内野ゴロの間に1点をあげ、2対3と1点差に迫った。

 3回以降7回まで無安打に抑え込まれていた千葉ロッテだが、8回表に渡邊佑樹投手から代打・細谷圭選手が四球で出塁すると、代打・宗接唯人選手が右中間に1号2ランをたたき込み、2点を追加。さらに9回表に9番・吉田裕太選手、藤原選手の連打などで無死満塁とし、加藤選手の犠飛で6対2と楽天を突き放した。

 千葉ロッテの先発・大嶺祐太投手は、5回4安打4奪三振2失点の力投で先発の役割を果たすと、6回から継投へ。大谷智久投手、山本大貴投手、フローレス投手、アコスタ投手がそれぞれ1イニングを無失点リレーでつなぎ、6対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、リリーフ陣が楽天打線を封じ込める好投を披露。打線では加藤選手と山口選手がマルチ安打を記録、宗接選手が代打で1号2ランを放ち、勝利に貢献した。

 一方敗れた楽天は、先発した瀧中瞭太投手が初回に打ち込まれ3点を失うも、以降は千葉ロッテ打線を抑え込み7回4安打3失点の好投を見せた。しかし、後を託されたリリーフ陣が踏ん張れずに3失点。打線はチャンスの場面であと1本が出ず、内野ゴロで挙げた2得点に終わった。

  123456789 計
ロ 300000021 6
楽 100100000 2

ロ ○大嶺祐太-大谷智久-山本大貴-フローレス-アコスタ
楽 ●瀧中瞭太-渡邊佑樹-木村敏靖

文・下村琴葉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】マリーンズ・大谷智久が3者凡退に抑える好投を見せる!! 2020/8/7 E-M(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク