マーティンが3安打4打点の大暴れ! 二木康太は7回2失点の好投で今季初勝利

2020-08-08 17:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/8 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月8日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第11回戦は、9対3で千葉ロッテが快勝。先発・二木投手が7回2失点の好投で今季初勝利を収めた。

 打線は2回表、6番・菅野剛士選手が安打で出塁すると、7番・藤岡裕大選手の適時三塁打で先制。さらに3回表には3番・マーティン選手の10号2ランと菅野選手の適時打、4回表にはマーティン選手の適時二塁打と5番・井上晴哉選手の適時打でそれぞれ3点を加え、オリックスの先発・K-鈴木投手から5回までに7得点を挙げた。

 大量援護を受けた先発の二木康太投手は、オリックス打線の1巡目を無安打に抑える完璧な立ち上がりを見せる。4回以降はピンチを背負う場面も増えたが、落ち着いた投球で要所を締め、7回5安打1四球7奪三振2失点でマウンドを降りた。

 6回表には4番・安田尚憲選手の適時打、7回表は2番・中村奨吾選手の適時二塁打でそれぞれ1点を追加した千葉ロッテ。9対2で迎えた8回から継投に入り、8回裏を南昌輝投手が無失点でつなぐと、9回裏は成田翔投手が登板し、西村凌選手の1号ソロを浴びるも、後続を打ち取り9対3で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは2回に藤岡選手の適時三塁打で先制すると、マーティン選手が3安打4打点の大活躍。勢いに乗った打線は16安打9得点の猛攻を見せた。投げては先発・二木投手が7回2失点の好投で今季初勝利。9対3で快勝を収めた。一方のオリックスは先発・K-鈴木投手が4回途中10安打7失点で降板すると、救援陣も流れを止められずに大量失点。打線は2巡目以降にチャンスをつくるも後続が続かず、連敗を喫した。

  123456789 計
ロ 013301100 9
オ 000100101 3

ロ ○二木康太-南昌輝-成田翔
オ ●K-鈴木-吉田一将-小林慶祐-澤田圭佑

文・丹羽海凪

関連リンク