【ファーム】宮田輝星が勝ち越し打。北海道日本ハムが9回2死から逆転勝利

2020-08-08 18:27 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ育成ルーキー・宮田輝星が土壇場の状態から勝ち越しのタイムリーヒットを放つ!! 2020/8/8 B-F

 8月8日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと北海道日本ハムのファーム交流戦第1回戦は、4対2で北海道日本ハムが勝利。1点を追う9回表2死から見事な逆転勝利を収めた。

 北海道日本ハムの先発は望月大希投手。初回に失策と安打で1、3塁のピンチを招き、西野真弘選手の犠飛で1点を失ったが、以降は走者を背負いながらも無失点に抑える好投を披露。結果的には5回4安打4奪三振1四球1失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の打線は1回表、2番・郡拓也選手が死球と盗塁などで得点圏に進むと、4番・万波中正選手が適時二塁打を放ち、オリックス先発の漆原大晟投手から幸先よく先制点を挙げたが、2回以降は6回まで1安打と捉えることができず。1対1のまま試合は終盤へ突入した。

 北海道日本ハムは6回裏を鈴木遼太郎投手が無失点でつないだが、回またぎで上がった7回裏に2死満塁のピンチを招いたところで降板。続くピンチは鈴木健矢投手が切り抜けるも、その鈴木健投手が8回裏に失策も絡んでピンチを招くと、白崎浩之選手に適時打を許し、勝ち越し点を献上。1対2と1点を追う形で最終回へ。

 1点を追う9回表、先頭の白村明弘選手が死球で出塁すると、2死から上野響平選手、宮田輝星選手、淺間大基選手の3者連続適時打で4対2と逆転に成功し、9回裏は村田透投手が走者を背負いながらも無失点で締め、そのまま試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、8回まで3安打1得点に抑えられていた打線が9回表につながった。一方敗れたオリックスは、先発した漆原投手が6回2安打4奪三振3四死球1失点の好投を披露。後を受けたリリーフ陣も無失点でつないだが、9回表2死から逆転を許した。

  123456789 計
日 100000003 4
オ 100000010 2

日 望月大希-鈴木遼太郎-○鈴木健矢-S村田透
オ 漆原大晟-村西良太-海田智行-齋藤綱記-●中田惟斗

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】ファイターズ・万波中正が先制のタイムリー2ベースヒットを放つ!! 2020/8/8 B-F

関連リンク