中村稔弥が6回1安打0封で今季初勝利! マーティンが決勝の11号ソロ

2020-08-09 15:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/9 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月9日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第12回戦は、千葉ロッテが4対0で勝利し、先発・中村稔弥投手が今季初白星を手にした。

 試合序盤は、オリックス・アルバース投手、千葉ロッテ・中村稔弥投手による静かな投手戦が繰り広げられた。均衡を破ったのは千葉ロッテ。4回表、3番・マーティン選手が2死から右中間に11号ソロをたたき込み1点を先行、マーティン選手はこの本塁打で3戦連発となった。

 貴重な援護を受けた千葉ロッテの先発・中村稔投手は、走者を背負いながらも力強いストレートと武器であるツーシームを軸に安定した投球を披露し、6回1安打4四球無失点の内容で降板。7回裏は唐川侑己投手、8回裏はハーマン投手が満塁のピンチを招きながらも無失点でつなぐと、9回表に4番・安田尚憲選手の適時二塁打で2点を追加。なおも1死満塁の好機で6番・清田育宏選手が適時内野安打を放ち、リードを4点に広げる。そして最終9回裏は守護神・益田直也投手が危なげない投球で締めて試合終了。千葉ロッテが4対0で完封勝利を収めた。

 勝利した千葉ロッテは先発・中村稔弥投手が6回1安打4四球無失点の好投で今季初勝利を挙げた。打線は4回表にマーティン選手の11号ソロで先制すると、9回表の好機も逃さず得点を重ねた。敗れたオリックスの先発・アルバース投手は7回2安打2四球1失点の快投を見せるも、打線がわずか3安打と貧打に苦しみ、援護することができなかった。

  123456789 計
ロ 000100003 4
オ 000000000 0

ロ ○中村稔弥-唐川侑己-ハーマン-益田直也
オ ●アルバース-ヒギンス-山田修義-吉田凌

文・後藤万結子

関連リンク