甲斐拓也がダメ押しの4号3ラン。福岡ソフトバンクが完封リレーで連敗ストップ

2020-08-09 20:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/9 イーグルス対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月9日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと福岡ソフトバンクの第12回戦は、5対0で福岡ソフトバンクが勝利。投手陣が3安打無失点リレーを見せ、連敗を「2」で止めた。

 福岡ソフトバンクの先発は笠谷俊介投手。1回裏に2死から四死球でピンチを招いたが、島内宏明選手を三振に仕留めて無失点に。以降2イニングは3者凡退に抑え、3回無安打2四死球4奪三振無失点と、ショートスターターとしての役割を果たした。

 4回裏からマウンドに上がった2番手の板東湧梧投手も楽天打線に本塁を踏ませない投球を披露。打線は6回表に甲斐拓也選手の二塁打、周東佑京選手の四球などでこの試合初めて3塁に走者を進めると、宋家豪投手の暴投の間に1点を先制。8回表には柳田悠岐選手の12号ソロ、9回表には甲斐選手の4号3ランで5対0とリードを広げると、9回表を森唯斗投手が危なげなく締め、5対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、2番手の板東投手が4回2安打無失点の好投で2勝目をマーク。打線は一発攻勢で5得点を挙げた。一方敗れた楽天は、先発の福井優也投手が5.2回2安打6奪三振1失点の力投も、打線が3安打無得点と援護できなかった。

  123456789 計
ソ 000001013 5
楽 000000000 0

ソ 笠谷俊介-○板東湧梧-モイネロ-森唯斗
楽 ●福井優也-宋家豪-J.T.シャギワ-酒居知史-津留崎大成-池田駿

文・東海林諒平

関連リンク