ともに白星から遠ざかる高橋光成と弓削隼人。好投で勝利をつかむのはどちらか

2020-08-10 23:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回表】開幕2連勝へ!! ライオンズ・高橋光成 要所を締めるピッチングで6回まで無失点の好投!! 2020/6/30 L-B

 8月11日、メットライフドームで埼玉西武と楽天イーグルスの第6回戦が18時から行われる。7月26日以来となる本拠地での試合で連敗ストップなるか。対する楽天は同率首位からの抜け出しといきたいところだ。

【今季対戦成績】
埼玉西武→2勝3敗
楽天イーグルス→3勝2敗

【埼玉西武】高橋光成投手 6試合2勝4敗 34.2回 31奪三振、防御率6.23
【楽天イーグルス】弓削隼人投手 7試合2勝1敗 38.2回 27奪三振、防御率3.26

 埼玉西武の先発は高橋光成投手。前回登板の北海道日本ハム戦では、7四球を与えるなど制球が乱れ、6失点で4敗目を喫した。6月30日を最後に遠ざかっている白星を手にし、チーム、そして自身の連敗を止められるか。打線の注目は栗山巧選手。開幕から好調を維持するベテランだが、楽天に対してはカード別で最も高い打率.438と脅威的な成績を残している。5番としての起用も増えてきただけに、ポイントゲッターとしての活躍に期待したい。

 対する楽天は弓削隼人投手が先発。こちらも6月30日の勝利を最後に白星に恵まれていない。埼玉西武との前回対戦では4回途中に打球が直撃しての降板となっただけに、長いイニングを投げて勝利を呼び込んでいきたいところだ。打線からは浅村栄斗選手に注目だ。ここまでリーグトップの49打点を挙げて打線をけん引している浅村選手だが、古巣・埼玉西武相手にも打率.333と相性の良さを見せている。かつての本拠地で勝利につながる打点を稼ぎ出す。

文・成田康史

関連リンク