美馬学と上沢直之が今季2回目の投げ合い。連勝を伸ばすのはどちらのチームか

2020-08-10 23:01 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/14 ファイターズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月11日、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと北海道日本ハムの第7回戦が18時から行われる。4連勝で敵地に乗り込む北海道日本ハムに対し、迎え撃つ千葉ロッテも3連勝で本拠地へと戻ってきた。連勝を伸ばすのはどちらのチームか。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→3勝3敗
北海道日本ハム→3勝3敗

【千葉ロッテ】美馬学投手 7試合2勝2敗 41回 36奪三振、防御率5.71
【北海道日本ハム】上沢直之投手 4試合2勝1敗 22.2回 22奪三振、防御率3.57

 千葉ロッテの先発は美馬学投手。前回登板では援護をもらったものの、7回に集中打を浴びて降板、その後救援陣が同点とされて勝利を手にすることができなかった。7月14日、同じく北海道日本ハムを相手に挙げて以来の勝利を狙う。打線の注目は3試合連続本塁打と好調の続くマーティン選手。前回対戦では北海道日本ハムの先発・上沢投手から本塁打を含むマルチ安打の活躍を見せた。この試合でも勝利を呼び込む一発は飛び出すか。

 北海道日本ハムの先発・上沢直之投手は7月28日のオリックス戦で約1年ぶりとなる勝利を挙げてから連勝中。今回と同じく美馬投手との投げ合いとなった7月14日の試合では、5回5失点と崩れただけに、雪辱を果たしたいところだ。打線からは大田泰示選手に注目だ。埼玉西武との6連戦では、初戦で2本塁打を放つなど徐々に調子を取り戻しつつある大田選手。美馬投手との前回対戦でもマルチ安打を記録しており、こちらも先制点につながる一打に期待したい。

文・成田康史

関連リンク