小深田大翔が2安打3打点の活躍。14安打で7得点を挙げた楽天が埼玉西武に先勝

2020-08-11 21:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/11 ライオンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月11日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天イーグルスの第6回戦は、7対5で楽天イーグルスが勝利。打線が14安打7得点を挙げ、6連戦の初戦を取った。

 楽天は初回、2死から茂木栄五郎選手が安打で出塁すると、続く浅村栄斗選手の適時二塁打で1点を先制。2回表にも2死から太田光選手が死球で出塁すると、続く辰己涼介選手に4号2ランが飛び出し、3対0とリードを広げた。

 先発の弓削隼人投手は3回まで埼玉西武を1安打に抑えていたが、4回裏に栗山巧選手の5号2ランで1点差に詰め寄られると、メヒア選手にも2号2ランを浴び、逆転を許す。しかし打線は6回表、田中和基選手の安打、太田選手の四球、辰己選手の死球により満塁のチャンスを作ると、小深田大翔選手の2点適時打二塁打で5対4とリードを奪い返した。

 打線は7回表にも島内宏明選手の適時打で1点を追加。7回裏にメヒア選手の3号ソロで1点を返されたものの、9回表に小深田選手に適時打が生まれ、スコアは7対5に。2点リードの9回裏はブセニッツ投手が無失点で締め、7対5で試合終了。

 勝利した楽天は、先発の弓削隼人投手が5回4安打5奪三振4失点の投球で6月30日以来となる3勝目。打線は小深田選手が2安打3打点をマークするなど14安打7得点を挙げた。一方敗れた埼玉西武は、先発の高橋光成投手が6回途中7安打6奪三振5失点で4敗目。打線ではメヒア選手が2本塁打を放つなど奮闘したが、反撃は及ばなかった。

  123456789 計
楽 120002101 7
西 000400100 5

楽 ○弓削隼人-J.T.シャギワ-宋家豪-牧田和久-Sブセニッツ
西 ●高橋光成-平良海馬-佐野泰雄-今井達也-平井克典

文・鈴木優菜

関連リンク