レオネス・マーティンが4試合連続本塁打。2点を守り切った千葉ロッテが4連勝を飾る

2020-08-11 21:33 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/11 マリーンズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第7回戦は、3対1で千葉ロッテが勝利。投打がかみ合い、連勝を「4」に伸ばした。

 千葉ロッテの先発・美馬学投手は3回表、石井一成選手、近藤健介選手の安打と四球で1死満塁のピンチを招き、中田翔選手の犠飛で先制点を許したが、後続を落ち着いて打ち取り最小失点で切り抜ける。以降は走者を背負いながらも無失点で締め、5回6安打2四球1失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の打線は5回裏、福田秀平選手の四球、角中勝也選手の安打で1、3塁の好機を演出すると、2死からマーティン選手の4試合連続本塁打となる12号3ランで逆転。ここまで好投を続けていた北海道日本ハム先発の上沢直之投手から一振りで逆転に成功した。

 6回からは継投に入り、6回表をフローレス投手、7回表を唐川侑己投手、8回表をハーマン投手がそれぞれ走者を背負いながらも無失点でつなぎ、2点リードの9回表は守護神・益田直也投手が3者凡退で締め、3対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の美馬投手が5回1失点投球で3勝目をマーク。打線ではマーティン選手が4試合連続本塁打を記録した。一方敗れた北海道日本ハムは、先発した上沢投手が6回3安打4四球7奪三振3失点の力投も、打線が散発の8安打に終わった。

  123456789 計
日 001000000 1
ロ 00003000X 3

日 ●上沢直之-西村天裕-金子弌大
ロ ○美馬学-フローレス-唐川侑己-ハーマン-S益田直也

文・東海林諒平

関連リンク