柳田悠岐が2本塁打5打点の大暴れ。福岡ソフトバンクがオリックスとの乱打戦を制す

2020-08-11 22:13 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/11 ホークス対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月11日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第7回戦は、8対7で福岡ソフトバンクが勝利。3本塁打などで8得点を挙げ、乱打戦を制した。

 福岡ソフトバンクは初回、1死から柳田悠岐選手が安打を放つと、続く中村晃選手に2号2ランが生まれ2点を先制。なおも続く栗原陵矢選手が四球を選ぶと、明石健志選手の適時打で1点を追加、2回裏には柳田選手に13号2ランが飛び出し、オリックス先発の山本由伸投手から5点を先行した。

 先発の千賀滉大投手は4回まで無失点投球を見せたが、5回表につかまった。川瀬晃選手の2失策などで無死満塁のピンチを招くと、内野ゴロと吉田正尚選手の適時打で2失点。なおも四球で満塁の場面でT-岡田選手に6号満塁弾を浴びてこの回6失点を喫し、5対6と試合をひっくり返された。

 1点を追う打線は6回裏、2四球で好機を得ると、柳田選手にこの試合2本目となる14号3ランが生まれ逆転に成功。7回表に高橋礼投手がジョーンズ選手の適時打で1点を返されたが、続くピンチを嘉弥真新也投手、泉圭輔投手の小刻みな継投で無失点に。以降は8回表をモイネロ投手、9回表を森唯斗投手が危なげなく締め、8対5で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の千賀投手が6回5安打9奪三振6失点(自責点0)で4勝目をマーク。打線は柳田選手が2本塁打を放つなど、一発攻勢で8得点を挙げた。一方敗れたオリックスは、先発した山本投手が5回6安打4四球5失点と苦しい登板に。打線は満塁弾などで7点を挙げたが、リリーフ陣が踏ん張れず、4連敗を喫した。

  123456789 計
オ 000060100 7
ソ 32000300X 8

オ 山本由伸-●吉田凌-齋藤綱記-山田修義-ヒギンス
ソ ○千賀滉大-高橋礼-嘉弥真新也-泉圭輔-モイネロ-S森唯斗

文・東海林諒平

関連リンク