浅村栄斗&茂木栄五郎が2打点の活躍。小深田大翔も3安打3得点で楽天が3連勝

2020-08-13 21:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/13 ライオンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月13日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天イーグルスの第8回戦は、7対4で楽天が勝利。序盤から得点を重ね、敵地で3連勝を飾った。

 打線は1回表、2死から3番・茂木栄五郎選手が安打で出塁。続く4番・浅村栄斗選手が適時二塁打を放ち、埼玉西武の先発・與座海人投手から先制に成功する。同点に追い付かれた3回表も、先頭の9番・辰己涼介選手に5号ソロが生まれ勝ち越し。その後も無死2、3塁の好機を演出すると、浅村選手の適時打などで2点を追加し、リードは3点に。

 援護をもらった先発・松井裕樹投手だったが、3回裏に2点を追い上げられ3回6安打3失点で降板。4回から継投に入り、2番手の酒居知史投手が2イニングを完璧な投球でつなぐ。すると5回表、1番・小深田大翔選手が安打を放ち、盗塁を決め1死2塁としたところで茂木選手の適時打が生まれ1点を追加。さらに7回表にはロメロ選手の適時二塁打などで2点を挙げた。

 救援陣は6回以降、安樂智大投手、宋家豪投手、シャギワ投手とつなぎ、3点リードの9回裏には牧田和久投手が登板。先頭に出塁を許すも無失点で終え、7対4で試合終了。勝利した楽天は先発・松井投手が3回3失点も、救援陣が安定した投球でリードを守り3連勝を飾った。打っては小深田選手が3安打で3得点、茂木選手、浅村選手が2安打2打点と中軸が機能した。松井投手は「カウントが苦しくなってストレートを狙われてしまいました。そういうところを修正しないとダメですね」と反省を口にした。

 一方の埼玉西武は先発・與座投手が「力不足です。連敗が自分から始まったので、どうにか今日は止めたいと思ってマウンドに上がりましたが、チームに申し訳ないです」と3回途中持たずに降板。リリーフに7投手をつぎ込む積極的な継投も実らず、打線は1番に抜てきされた育成出身の高木渉選手がプロ初安打と打点を記録したが、泥沼の7連敗となった。

  123456789 計
楽 103010200 7
西 012000100 4

楽 松井裕樹-○酒居知史-安樂智大-宋家豪-シャギワ-S牧田和久
西 ●與座海人-平井克典-野田昇吾-宮川哲-今井達也-平良海馬-森脇亮介-齊藤大将

文・丹羽海凪

関連リンク