大竹耕太郎が今季初登板、初勝利! 周東佑京の決勝打で鷹が今カード3連勝

2020-08-13 21:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/13 ホークス対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月13日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第9回戦は、3対1で福岡ソフトバンクが勝利。今カード3連勝でオリックスとの対戦成績を8勝1敗とした。

 福岡ソフトバンクの先発は今季初登板となった大竹耕太郎投手。初回、先頭の山足達也選手に1号ソロを浴びて先制を許すも、今カード好調の打線が援護を見せる。2回裏に今宮健太選手の5号ソロが飛び出して同点に追いつくと、周東佑京選手の適時三塁打で勝ち越しに成功。さらに5回裏には連打でチャンスをつくり、5番・明石健志選手の適時二塁打でリードを2点に広げた。

 大竹投手は初回の失点以降、変化球を駆使する打たせて取る投球で、6回途中5安打3奪三振1四球1失点と先発としての役割を果たした。2番手には椎野新投手が登板し、大竹投手の招いた2死2塁のピンチを無失点で切り抜ける。

 リードを保ちたい福岡ソフトバンクは3番手の板東湧梧投手が1イニングを無失点に抑えると、4番手にはモイネロ投手が登板。四球と安打で1死1、2塁のピンチを背負ったがオリックス打線に反撃を許さず無失点に抑えた。2点リードの9回表には、守護神・森唯斗投手が登板しオリックス打線を3人で締めて3対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発した大竹投手が今季初登板で初勝利。昨季6月20日以来の白星となった。打線も少ないチャンスを逃さず序盤に逆転すると、救援陣も無失点でつなぎ守り抜いた。一方敗れたオリックスは、打線が初回の山足達也選手による先頭打者本塁打のみの得点に終わり7安打も1得点とつながりを欠いた。

  123456789 計
オ 100000000 1
ソ 02001000X 3

オ ●張奕-吉田凌-澤田圭佑-荒西祐大
ソ ○大竹耕太郎-椎野新-板東湧梧-モイネロ-S森唯斗

文・和田信

関連リンク