アダム・ジョーンズが1本塁打3打点。オリックスが中嶋聡監督代行の初陣を勝利で飾る

2020-08-21 20:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/21 バファローズ対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月21日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第10回戦は、3対1でオリックスが勝利。山崎投手が7回2安打無失点、ジョーンズ選手が3打点の活躍を見せ、中嶋聡監督代行の初陣を勝利で飾った。

 オリックスの先発・山崎福也投手は、初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がり。その後も無安打の好投を続けたが、4回表に埼玉西武の4番・山川穂高選手に2死から16号ソロを浴び、先制を許した。

 追い付きたい打線だったが、埼玉西武の先発・ニール投手の前に5回まで得点圏に走者を進めることができず。6回裏には2死ながら1、2塁の好機を得たが、4番・中川圭太選手が中飛に倒れ、0対1のまま試合は終盤へ突入した。

 しかし7回裏、ジョーンズ選手の6号ソロで試合を振り出しに戻すと、上位打線から始まる8回裏に打線がつながった。福田周平選手吉田正尚選手の連打で1死1、3塁のチャンスを作ると、代わった宮川哲投手から中川選手が四球を選び満塁に。続くジョーンズ選手が初球を振り抜くと、打球は三遊間を抜ける2点適時打となり、勝ち越しに成功。9回表は守護神のディクソン投手が3者凡退で締め、3対1でオリックスが勝利を収めた。

 先発の山崎福投手が7回2安打7奪三振1失点の好投を披露。打線は6回までニール投手を捉えきれず、中盤まで無得点と苦しんだが、終盤にジョーンズ選手が3打点の活躍を見せ連敗を「4」でを止めた。一方敗れた埼玉西武は、先発ニール投手が7回途中10安打1奪三振3失点の力投も、打線がわずか2安打1得点と沈黙した。

  123456789 計
西 000100000 1
オ 00000012X 3

西 ●ニール-宮川哲
オ 山崎福也-○ヒギンス-Sディクソン

文・鈴木優菜

関連リンク