【ファーム】吉田輝星が5回7奪三振3失点投球。高濱祐仁が同点の1号ソロ

2020-08-22 16:44 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ・ビヤヌエバ 先制の2点タイムリー2ベースヒット!! 2020/8/22 F-S(C)パーソル パ・リーグTV

 8月22日、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアムで行われたイースタン・リーグ公式戦、北海道日本ハムと東京ヤクルトの第7回戦は3対3で引き分けに終わった。

 北海道日本ハムは1回裏、2死から海老原一佳選手と万波中正選手の連打で1、2塁のチャンスを迎えると、ビヤヌエバ選手に2点適時二塁打が生まれ、先制に成功した。

 援護をもらった先発の吉田輝星投手だったが、直後の2回表に1死満塁のピンチを招き、犠飛で1点を返されると、続く3回表には4安打を浴び2失点と逆転を許した。それでも4回以降は立ち直りを見せ、4者連続三振を奪うなど5回3失点ながらも7奪三振の投球を披露。後を受けたリリーフ陣も無失点の投球で打線の反撃を待つ。

 打線は7回裏、先頭の高濱祐仁選手がレフトスタンドへの1号ソロを放って試合を振り出しに戻すと、片岡奨人選手の二塁打などで1死1、3塁のチャンスを迎える。しかしここは郡拓也選手が併殺に倒れて勝ち越しはならず。8回以降は生田目翼投手、浦野博司投手、長谷川凌汰投手がそれぞれ3者凡退でつないだが、打線が東京ヤクルト・山田大樹投手を攻略できずに10回を終了。規定により引き分けとなった。

 北海道日本ハムは先発の吉田輝星投手が5回3失点の粘投も、打線が東京ヤクルトの投手陣を打ち崩せず、2試合連続のサヨナラ勝ちとはならなかった。中継ぎ陣は5人全員が無失点と明るい材料が残る結果となった。

  12345678910 計
ヤ 0120000000 3
日 2000001000 3

ヤ 山中浩史-坂本光士郎-山田大樹
日 吉田輝星-斎藤佑樹-吉川光夫-生田目翼-浦野博司-長谷川凌汰 

文・山下虎太郎

【ファーム】ファイターズ・高濱祐仁が打った瞬間の同点アーチを放つ!! 2020/8/22 F-S(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク