土曜に続き、今日も砂上で躍動?競馬会の女神が2年連続登板でリベンジ投球!

2018-04-17 18:25 「パ・リーグ インサイト」松下雄馬

4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われている千葉ロッテとオリックスの試合前。JRA、美浦・根本康広きゅう舎所属の藤田菜七子騎手が2年連続2回目となる始球式を行った。

昨年は惜しくもワンバウンド投球となり、「今年こそはノーバウンドで投げられるように頑張りたい」とコメントしていた藤田菜七子騎手。今年こそ、の想いで臨んだ始球式だったが、ツーバウンドとなり、リベンジを果たせなかった。

藤田菜七子騎手は3日前に行われた福島7レースでサウンドマジック号に騎乗。好発からハナを奪い、外から強襲したレッドエレノア号を退けて自身26勝目(今季中央で6勝)を挙げたばかり。今年中にGIの大舞台で騎乗する可能性も十分だが、一足先に大勢のプロ野球ファンの前で堂々たる投球とはならなかった。