源田選手の頭部に直撃… 上沢投手が危険球退場

2018-04-17 19:03 「パ・リーグ インサイト」編集部

4月17日、東京ドームで行われている埼玉西武と北海道日本ハムの一戦。3回裏、埼玉西武の2番・源田選手が頭部に死球を受け、その場に倒れ込んだ。

3回裏、北海道日本ハム・上沢投手の投じた直球がが埼玉西武・源田選手の頭部に直撃。頭部死球を受けた源田選手は自分で歩いて一度ベンチ裏に下がり、手当てを受けて再び1塁に戻ってきた。

なお、上沢投手は危険球で退場となり、2番手として玉井投手が上がった。