石川投手が完投で3戦3勝。藤岡裕選手に2試合連続弾が飛び出し千葉ロッテが連敗ストップ

2018-04-17 21:15 「パ・リーグ インサイト」編集部

雨天の中、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスのカード初戦。連敗を止めたい千葉ロッテは、先発マウンドに石川投手を送る。開幕から2連勝と波に乗る右腕の投球で勝利をものにできるか。対するオリックスの先発は金子千尋投手。ここまで2連敗中と精彩を欠いているが、今日の登板で今季初白星をつかみ、状態を上げていきたい。

オリックスは1回表、安達選手の安打と敵失で1死3塁の好機を作ると、内野ゴロの間に3塁走者が生還し幸先よく先制点を挙げる。援護を得た金子千尋投手は、1回裏を僅か8球で3者凡退に仕留める完璧な立ち上がりを見せた。

初回以降は両先発ともに好投を続け、4回までスコアボードに0が並ぶ緊迫した投手戦が展開される。

追い付きたい千葉ロッテは5回裏、先頭の鈴木選手が左線二塁打で出塁すると、続く菅野選手の犠打が敵失を呼び2塁走者が生還、同点に追い付く。続く福浦選手の四球、清田選手の犠打で好機を広げるとバッテリーエラーの間にさらに1点。なおも1死3塁と好機は続き、9番・田村選手が適時三塁打。この回一挙3得点を挙げ、3対1と千葉ロッテが逆転に成功する。

しかし続く6回表、吉田正選手が内野安打で出塁すると、4番・ロメロ選手が同点の2号2ラン。主砲の一発でオリックスがすぐさま反撃し、3対3と試合を振り出しに戻す。

同点のまま迎えた7回裏、2死2塁から藤岡裕選手が値千金の2号2ラン。ルーキーの2試合連続弾で千葉ロッテが5対3と勝ち越しに成功。

再び援護点がもたらされた石川投手が9回表もマウンドに上がり、無失点に抑えて試合終了。先発の石川投手が9回3失点(自責点2)の好投で3勝目、藤岡裕選手の2試合連続弾で試合を決めた千葉ロッテが5対3で勝利した。

惜しくも敗れたオリックスは、先発の金子千尋投手が粘りの投球を見せるも、失策と暴投で2点を失い結果的に6回途中3失点の内容。打線は9安打を放ったが、千葉ロッテ・石川投手に要所を締められ3得点に終わった。