ノリンが6回3失点で来日初勝利! スパンジェンバーグは4安打3打点の活躍

2020-08-29 21:11 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/29 イーグルス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月29日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと埼玉西武の第13回戦は、6対3で埼玉西武が勝利。同カードの対戦成績を1勝1敗とした。

 埼玉西武の先発はノリン投手。来日初登板となったこの試合、3回裏に3者連続三振を奪うなど、3回まで走者を一人も許さない完璧な投球を披露。4回裏に浅村栄斗選手の18号2ラン、5回裏にロメロ選手の17号ソロで3点を失ったが、それ以上の得点は許さず、6回3失点でマウンドを降りた。

 打線は3回表に柘植世那選手の2号2ランで先制に成功すると、4回表には中村剛也選手の犠飛とスパンジェンバーグ選手の8号2ランでさらに3点を追加。6回表にもスパンジェンバーグ選手の適時打で1点を挙げ、6対3で試合は終盤へ。

 7回裏は2番手の平良海馬投手が2四死球でピンチを招きながらも無失点でつなぐと、8回裏にもギャレット選手が1死満塁とされながらも追撃は許さない。3点リードのまま迎えた9回裏は守護神の増田達至投手が締めて試合終了。

 勝利した埼玉西武は、ノリン投手が6回5安打6奪三振3失点の力投で来日初勝利をマーク。打線ではスパンジェンバーグ選手が4打数4安打3打点の活躍を見せた。一方敗れた楽天は、先発の塩見貴洋投手が5回5安打2本塁打1四球5失点と試合を作れず。打線は2本塁打で3点を挙げたが、終盤の好機で決定打を欠いた。なお、鈴木大地選手が球団新記録となる月間39安打を記録した。

  123456789 計
西 002301000 6
楽 000210000 3

西 ○ノリン-平良海馬-ギャレット-S増田達至
楽 ●塩見貴洋-J.T.シャギワ-津留崎大成-池田駿

文・東海林諒平

関連リンク