中村奨吾が1本塁打含む3打点で連日の大活躍! 終盤に勝ち越し千葉ロッテが連勝

2020-09-05 17:56 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/5 ホークス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月5日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第11回戦は、5対4で千葉ロッテが勝利した。
 
 序盤は千葉ロッテが主導権を握る展開だった。2回表、先頭の中村奨吾選手が初球を捉えると、打球は右中間スタンドに飛び込む先制の6号ソロ。さらに4回表には田村龍弘選手の3号ソロが生まれて2点をリードする展開となった。

 だが先発の美馬学投手が4回裏、4番・グラシアル選手に2試合連発となる6号ソロを被弾して反撃を許す。さらに6回裏には2本の内野安打で1死1、3塁のピンチを招くとまたもグラシアル選手が外角のフォークを軽打で捉えて同点適時打とされた。なおも1死2、3塁から内野ゴロと相手の好走塁で勝ち越し点を献上すると、味方の失策で1点を失い2点を追う状況に。

 それでも千葉ロッテは7回表、敵失を足がかりに無死1、3塁のチャンスを迎えると、清田育宏選手が適時打を放って攻勢に出る。さらに1死2、3塁の好機で中村選手が甘く入ったスライダーを捉えると、打球はレフトへの適時二塁打に。2者が生還し、千葉ロッテは2試合続けて終盤に逆転した。

 1点リードで迎えた9回裏のマウンドには3連投の守護神・益田直也投手が上がる。1死3塁と絶体絶命のピンチとなったが、代打・川島慶三選手を二直に仕留めると、ギャンブルスタートで飛び出していた3塁走者もアウトとなり併殺で試合終了となった。 

 勝利した千葉ロッテは中村奨選手が先制弾に加え、今日も終盤に殊勲打を放つ大活躍。首位・福岡ソフトバンクに連勝で1.5ゲーム差に詰め寄った。敗れた福岡ソフトバンクは5回表に千葉ロッテ・中村奨選手の放った投ゴロが武田翔太投手の脇腹に直撃して負傷交代となるアクシデントにも見舞われ、苦手の千葉ロッテに連敗を喫した。

  123456789 計
ロ 010100300 5
ソ 000103000 4

ロ ○美馬学-唐川侑己-S益田直也
ソ 武田翔太-渡邉雄大-●笠谷俊介-松本裕樹-嘉弥真新也-泉圭輔

文・山下虎太郎

関連リンク