8月の月間MVP発表、巨人菅野が2か月連続8度目 横浜DeNA佐野は初受賞、千葉ロッテ石川は5年ぶり

2020-09-09 19:15 「Full-Count」編集部
巨人・菅野智之※写真提供:Full-Count(写真提供:読売巨人軍)

巨人・菅野智之※写真提供:Full-Count(写真提供:読売巨人軍)

菅野の2か月連続受賞はセ投手では2013年5、6月の阪神・能見篤史投手以来8人目

 日本野球機構(NPB)は9日、8月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、セ・リーグは巨人の菅野智之投手、横浜DeNAの佐野恵太内野手、パ・リーグはオリックスの吉田正尚外野手、千葉ロッテの石川歩投手が選出された。菅野は2か月連続となる8度目の受賞となった。

 巨人の菅野は先発として4試合に登板しリーグトップタイの4勝(0敗)、防御率はリーグ2位の1.50をマーク。開幕10連勝をマークするなど今シーズンは圧巻の投球が続いている。セ・リーグ投手での2か月連続受賞は2013年5、6月の阪神・能見篤史投手以来8人目となった。

 横浜DeNAの佐野は初受賞。8月は26試合に出場しリーグトップの6本塁打22打点をマーク。打率も.343と好成績を残し4番の仕事を果たした。オリックスの吉田正は打率.430、2本塁打15打点をマークし12回のマルチ安打を記録。千葉ロッテの石川はリーグトップの4勝目を挙げ2015年9月度以来、2度目の受賞となった。

(Full-Count編集部)