オリックス近藤大亮がトミー・ジョン手術 約1週間の入院の後にリハビリへ

2020-09-10 14:31 「Full-Count」編集部
オリックス・近藤大亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

オリックス・近藤大亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

10日に横浜市内の病院でトミー・ジョン手術を受ける

 オリックスは10日、近藤大亮投手が横浜市内の病院で右肘内側側副靱帯再建術(トミー・ジョン手術)を行ったと発表した。約1週間の入院ののち、患部の状態を確認しながらリハビリを行っていくという。

 2015年のドラフト2位でオリックスに入団した近藤。2017年に55試合に登板して中継ぎとして頭角を表した。昨季も52試合に登板して4勝6敗1セーブ22ホールドをマークしたが、今季はここまで1軍登板はなかった。

(Full-Count編集部)