中村稔弥が8回途中1安打無失点の好投! 千葉ロッテがオリックスとの接戦を制す

2020-09-11 20:44 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/11 マリーンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第16回戦は、2対0で千葉ロッテが息の詰まる投手戦を制した。
 
 序盤は千葉ロッテの先発・中村稔弥投手、オリックスの先発・山岡泰輔投手による投手戦が繰り広げられる。両先発ともに安打を許さない投球を披露し、5回までスコアボードには「0」が並んだ。

 均衡を破ったのは千葉ロッテ。6回裏、先頭の1番・加藤翔平選手がこの試合初安打を放つと、2死1、3塁から5番・中村奨吾選手の適時打で先制に成功。続く6番・角中勝也選手にも適時二塁打が生まれ、リードを2点とする。

 中村稔投手は8回表、6番・安達了一選手に二塁打を浴びたところで降板。8回途中1安打2四球1奪三振無失点の快投を見せた。無死2塁から登板した2番手の澤村拓一投手が後続を3人で打ち取ると、9回表は益田直也投手が3者凡退で締め、2対0で試合終了。中村稔投手はオリックス打線をわずか1安打に抑え、1カ月ぶりの白星を飾った。

 敗れたオリックスは、先発の山岡投手が6回3安打3四球7奪三振2失点と好投するも、打線が千葉ロッテ投手陣の前に1安打と捉えられなかった。

  123456789 計
オ 000000000 0
ロ 00000200X 2

オ ●山岡泰輔-山田修義-澤田圭佑
ロ ○中村稔弥-澤村拓一-S益田直也

文・高橋優奈

関連リンク