【ファーム】高部瑛斗と西巻賢二が2安打、藤原恭大は本塁打も……投手陣が崩れ千葉ロッテが敗戦

2020-09-13 17:25 「パ・リーグ インサイト」編集部
千葉ロッテ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV

千葉ロッテ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月13日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテ対東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第5回戦は5対7で千葉ロッテが敗戦。初回に先制も、中盤にかけて投手陣が崩れた。

 打線は1回裏、東京ヤクルトの先発・イノーア投手から3番・福田光輝選手の安打などで1死1、3塁とすると、続く4番・山口航輝選手、5番・高部瑛斗選手の連続適時打で幸先よく2点を先制する。

 初の先発マウンドに上がった高卒ルーキー・横山陸人投手は、2回を投げ無失点で降板。2番手のチェン投手は3回表を無失点でつないだが、4回表に登板した原嵩投手が1死1、2塁のピンチを招き、成田翔投手に交代も2点を失い同点とされる。すると5回表に登板した渡邉啓太投手も勢いを止められず、4点の勝ち越しを許した。

 7対3で迎えた7回裏、先頭の7番・西巻賢二選手が二塁打で出塁すると、代打・吉田裕太選手の内野ゴロの間に1点を返す。さらに1番・藤原恭大選手が打った瞬間それとわかるソロ本塁打を放ち、3点差に詰め寄る。

 8回裏にも細谷圭選手の適時打で1点を追い上げるも、9回裏は無得点に終わり5対7で試合終了。千葉ロッテは打撃好調の高部瑛斗選手、西巻選手がそれぞれ2安打、藤原選手に本塁打が生まれるなど5得点を挙げたが、中盤にかけての失点が大きく響く形となった。

  123456789 計
ヤ 000240100 7
ロ 200000210 5

ヤ ○イノーア-山田大樹-五十嵐亮太-S坂本光士郎
ロ 横山陸人-チェン-原嵩-成田翔-●渡邉啓太-土居豪人-大谷智久-フローレス-アコスタ
◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク