オリックス、育成6位・大下誠一郎の支配下登録を発表「やっとスタートラインに立てた」

2020-09-14 16:14 「Full-Count」編集部
オリックス・大下誠一郎※写真提供:Full-Count(写真提供:オリックス・バファローズ)

オリックス・大下誠一郎※写真提供:Full-Count(写真提供:オリックス・バファローズ)

ウエスタン・リーグで58試合に出場し、21打点、2本塁打、打率.219

 オリックスは14日、育成ドラフト6位の大下誠一郎外野手を支配下選手登録すると発表した。背番号は「006」から「40」に変更される。今季はウエスタン・リーグで58試合に出場し、21打点、2本塁打、打率.219の成績を残していた。

 大下は球団広報を通じて「支配下選手登録の通達を受け、“やっとスタートラインに立てた”と感じています。ここまで毎日が勝負のつもりで、一日一日必死にプレーしてきました。これからも変わることなく、人一倍声をだしてチームを盛り上げていきたいと思います!そして、持ち味でもあるフルスイングと勝負強さをアピールし、レギュラーに定着できるようにがんばっていきます!」とのコメントを発表した。

(Full-Count編集部)