【ファーム】細谷圭、山口航輝、高部瑛斗の3連続適時打で千葉ロッテが逆転勝利

2020-09-15 18:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】この勢いは止められない!! マリーンズルーキー・ 高部 6戦連続マルチ安打となるタイムリーで勝ち越し!! 2020/9/15 F-M(C)パーソル パ・リーグTV

 9月15日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦第10回戦は、4対3で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発は有吉優樹投手。初回に招いた満塁のピンチは無失点で切り抜けたが、2回裏に谷口雄也選手に適時二塁打を浴びて先制点を献上。5回裏にも片岡奨人選手の適時二塁打と難波侑平選手の犠飛で2点を失い、5回8安打4四死球3失点の内容で降板した。

 6回以降はサントス投手、内竜也投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えると、8回表に打線がつながった。先頭の代打・高濱卓也選手が3号ソロを放つと、続く藤原恭大選手が四球で出塁。続く平沢大河選手は凡打に倒れたが、細谷圭選手、山口航輝選手、高部瑛斗選手の3連続適時打で逆転に成功。この回一挙4得点を挙げ、試合をひっくり返した。

 1点リードの8回裏を東妻勇輔投手、9回裏をアコスタ投手が無失点で締め、試合終了。勝利した千葉ロッテは、山口選手、高部選手が2安打1打点をマークした。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の北浦竜次投手が7回2安打3四球無失点の好投を見せたが、2番手・西村天裕投手、3番手・生田目翼投手が粘れなかった。

  123456789 計
ロ 000000040 4
日 010020000 3

ロ 有吉優樹-サントス-○内竜也-東妻勇輔-Sアコスタ
日 北浦竜次-西村天裕-●生田目翼-秋吉亮

文・東海林諒平

【ファーム】仙台育英の先輩後輩が魅せた!!マリーンズ・平沢と西巻の華麗なコンビでダブルプレー!! 2020/9/15 F-M(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク

campaign