先発投手の最低限の責任 今季の「QS」数から見る12球団の台所事情

2018-04-18 20:27 「Full-Count」広尾晃

パ・リーグは首位埼玉西武がトップの11QS、先発投手の安定感は抜群

NPBのペナントレースが始まって3週間弱、各球団はペナントレースの1割前後の試合数を消化した。両リーグの勢力図も明らかになりつつあるが、先発投手の成績に注目すると各球団の今季の投手事情が浮かび上がってくる。

QS(クオリティ・スタート)とは、先発投手が6回以上投げて自責点3以下に抑えること。QSは先発投手の最低限の仕事とされる。またHQS(ハイ・クオリティ・スタート)は7回以上投げて自責点2以下。HQSは「好投」とみなすことができる。各球団のQS、HQSを見ていこう。()はQS以上の試合の勝敗。

【パ・リーグ】

福岡ソフトバンク 13試合 QS7 HQS3 (3勝2敗2勝敗なし)
埼玉西武 15試合 QS11 HQS6 (9勝1敗1勝敗なし)
楽天 16試合 QS9 HQS3 (2勝1敗6勝敗なし)
オリックス 15試合 QS8 HQS1 (2勝5敗1勝敗なし)
北海道日本ハム 15試合 QS9 HQS6 (4勝2敗3勝敗なし)
千葉ロッテ 14試合 QS8 HQS3 (5勝1敗2勝敗なし)

埼玉西武は15試合を消化して11QS、多和田真三郎が3QS、菊池雄星、十亀剣、ウルフが2QSとローテーション投手が抜群の安定感。そして11QSのうち9試合で勝ちがついている。先発投手の好投に、打線が応えている。

埼玉西武に続いて楽天、北海道日本ハムが9QSだが、楽天はわずか2勝。好投しても打線の援護が少なく、報われない状況であることがわかる。

千葉ロッテは8QSで5勝、セーブ数は3だが、ホールドがリーグ最多の17、接戦で先発投手からマウンドを引きついだ中継ぎ投手が踏ん張っている。福岡ソフトバンクは最も少ない7QSだが、セーブ数は北海道日本ハムと並ぶ最多タイの6。救援投手の貢献度が高いが、18日に守護神のサファテが登録を抹消された。

個人では埼玉西武の多和田、オリックスの西勇輝、北海道日本ハムのマルティネス、千葉ロッテの石川歩が3QSだが、多和田、石川が3勝しているのに対して西は3敗だ。

ペナントレースの深まりとともに、先発投手にも大きな負担がかかってくる。QS数にも大きな差が出てくるだろう。各球団の先発投手のパフォーマンスに注目していきたい。