【ファーム】中熊大智の同点弾からのサヨナラ勝利! 埼玉西武が連敗脱出

2020-09-16 17:16 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】連敗ストップへ大きな一打!! ライオンズ・中熊の同点2ラン!! 2020/9/16 L-E(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 9月16日、CAR3219フィールドにて行われた埼玉西武と楽天のイースタン・リーグ公式戦、第4回戦は5対4で埼玉西武がサヨナラ勝利。2点を追う9回裏に3点を挙げ、引き分けを挟んだ連敗は「10」でストップした。

 先発の榎田大樹投手は2回表、楽天の7番・和田恋選手に7号ソロで1点を先制される。さらに4回表には8番・耀飛選手にも1号ソロを献上。しかし走者を背負う場面では持ち味の粘り強い投球を発揮し、5回6安打5四球6奪三振2失点でマウンドを降りた。

 6回表に1点を失い、3点を追う6回裏には戸川大輔選手の安打から好機を得ると、敵失策の間に1点を返す。7回裏には呉念庭選手の5号ソロで1点を追加し、3対2と1点差に詰め寄ったが、9回表に1点を失い2点差で試合は最終9回裏へ。

 2点を追う埼玉西武は9回裏、先頭の山田遥楓選手が安打で出塁する。すると続いて代打で打席に入った中熊大智選手がライトへ完璧な当たりを放ち、これが同点の2号2ランに。さらに1死から森越祐人選手、岸潤一郎選手の安打などで満塁に好機を拡大すると、最後は永江恭平選手がフルカウントから四球を選び、押し出しでサヨナラ。5対4で埼玉西武が逆転勝利した。

 埼玉西武は、先発・榎田投手が制球を乱しながらも5回2失点の粘投。打線は2点を追う9回裏に中熊選手の同点弾が生まれると、満塁から押し出し四球で劇的なサヨナラ勝利を挙げ、連敗を「10」でストップした。一方の楽天は和田選手、耀飛選手に本塁打が生まれるなど序盤から優勢に試合を進めたが、最終回を任せられた近藤弘樹投手が誤算だった。

  123456789  計
楽 010101001  4
西 000001103X 5

楽 西口直人-木村敏靖-池田隆英-久保裕也-●近藤弘樹
西 榎田大樹-東野葵-國場翼-齊藤大将-○松岡洸希

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク