【ファーム】細谷圭が反撃タイムリーも……投打振るわず千葉ロッテが大敗

2020-09-22 17:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・細谷 左中間フェンス直撃のタイムリー2ベースヒット!! 2020/9/22 M-G(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 9月22日、ロッテ浦和球場にて行われた千葉ロッテ対巨人の第9回戦は、1対9で千葉ロッテが敗戦した。

 先発の大嶺祐太投手は1回、2回と連打を浴びながらも1失点にとどめる粘りを見せたが、4回表にも連打で走者を背負い、バッテリーエラーの間に2点目を献上。一方の打線も巨人の先発・太田龍投手を捉えきれず無得点、5回表には2番手・サントス投手が1点を失い、0対3と試合は巨人のペースに。

 なんとか反撃したい千葉ロッテは、7回表に登板した内竜也投手がこの試合初めて巨人打線を3者凡退に抑える。すると直後の7回裏に4番・山口航輝選手の安打などで1死1、2塁として、代打・細谷圭選手が左中間を破る適時二塁打で1点を返す。なおも2死満塁と一打逆転の好機も、続く代打の高部瑛斗選手は三振に倒れ反撃はここまで。

 9回表には7番手のアコスタ投手が4四球と制球を乱し、押し出し四球を与えて降板。続く鎌田光津希投手も流れを止められず、この回6点を奪われる。9回裏には走者を出すも、追撃ならず1対9で試合終了。敗れた千葉ロッテは、投打ともに振るわなかった。

  123456789 計
巨 100110006 9
ロ 000000100 1

巨 ○太田龍-田原誠次-沼田翔平-古川侑利
ロ ●大嶺祐太-サントス-成田翔-渡邉啓太-内竜也-フローレス

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク