カード初戦は山岡泰輔対マルティネスが先発。今季2勝目を手にするのは

2020-09-24 22:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

【魔球】バファローズ・山岡『鋭く変化する縦スライダー』(C)パーソル パ・リーグTV

 9月25日の18時から京セラドーム大阪でオリックスと北海道日本ハムの第12回戦が行われる。3カード連続の勝ち越し中のオリックスと、2カード連続勝ち越し中の北海道日本ハムによるカード初戦を取るのはどちらのチームか。

【今季対戦成績】
オリックス→5勝5敗1分
北海道日本ハム→5勝5敗1分

【オリックス】山岡泰輔投手 6試合1勝3敗 29.1回 31奪三振、防御率3.07
【北海道日本ハム】マルティネス投手 12試合1勝4敗 52回 44奪三振、防御率3.81

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。昨季は対北海道日本ハムの成績は3勝3敗の五分であった。9月は3試合で防御率2.84と好投を続けている右腕は、2勝目を挙げられるか。打線ではロドリゲス選手に注目。24日の試合では6号ソロを放つなど、9月の打率は3割を超えている。豪快なスイングから放たれる力強い打球から目が離せない。

 北海道日本ハムはマルティネス投手が先発。オリックス戦の防御率は1.50と相性の良さを見せている。この試合でも快投を披露し、勝ち星を手繰り寄せたい。打線では大田泰示選手に注目。24日の試合では2安打3打点の活躍を見せ、連続試合安打を「17」に伸ばした。好調の打棒から快打は生まれるか。

文・鈴木海斗

関連リンク