打者一巡の猛攻で5得点を挙げた千葉ロッテが連敗脱出。二木康太は今季5勝目

2020-09-25 21:11 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/25 マリーンズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月25日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第13回戦は、7対4で千葉ロッテが勝利。カード初戦を制し、連敗を「3」で止めた。

 2回表にデスパイネ選手の5号ソロで先制された千葉ロッテは直後の2回裏、6番・角中勝也選手、7番・井上晴哉選手の連打で無死1、3塁のチャンスを作ると、敵失策の間に同点に。なおも2死2、3塁の場面で2番・福田秀平選手、4番・安田尚憲選手、5番・中村奨吾選手が適時打を放ち、4点を追加。打者一巡の猛攻でムーア投手を打ち崩し、5対1と福岡ソフトバンクを突き放す。

 援護を受けた先発の二木康太投手は、打たせて取る投球で3つの併殺打を記録するなど好投を続けていたが、7回表に6番・グラシアル選手の二塁打などで、1死1、2塁とすると8番・高谷裕亮選手の適時打で2失点。6.1回90球8安打1奪三振2四球4失点の内容でマウンドを降りた。なおも2死3塁のピンチで2番手・唐川侑己投手が1番・周東佑京選手に適時打を浴び、5対4と1点差に迫られる。

 8回表は澤村拓一投手がリードを守る力投でつなぐと、8回裏に中村選手、井上選手の安打で2死2、3塁から9番・柿沼友哉選手の適時打で2点を挙げ、勝利を引き寄せた。9回は守護神・益田直也投手が試合を締めてゲームセット。

 勝利した千葉ロッテは、昨日までの不振を感じさせない打者一巡の猛攻で、首位福岡ソフトバンクに「1」ゲーム差と詰め寄った。福田秀平選手が古巣相手に勝ち越しの2点適時打を放ち、7月23日以来の一軍復帰を果たした荻野貴司選手は二塁打を記録した。

 敗戦した福岡ソフトバンクは、先発のムーア投手が7.1回115球10安打6奪三振6失点(自責点2)の内容。2回裏に味方の失策も絡み5点を失うも、以降7回まで追加点を許さなかった。打線は高谷選手と周東選手の適時打で終盤に3点を返すも、あと一歩及ばず。引き分けを挟んで5連敗を喫した。

  123456789 計
ソ 010000300 4
ロ 05000002X 7

ソ ●ムーア-松本裕樹
ロ ○二木康太-唐川侑己-澤村拓一-S益田直也

文・下村琴葉

関連リンク