モヤが試合を決める満塁弾! 13安打9得点のオリックスが北海道日本ハムに快勝

2020-09-25 21:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/25 B-F 5回裏終了後ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月25日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第12回戦は、9対2でオリックスが大勝し、カード初戦をものにした。

 オリックスは2回裏、失策と暴投が絡み、1死2、3塁から1番・福田周平選手の適時打で先制すると、なおも1死満塁のチャンスで3番・安達了一選手に犠飛が生まれ、北海道日本ハムの先発・マルティネス投手から2点を奪った。

 さらに4回裏、1死満塁から5番・モヤ選手が客席上段に4号満塁弾をたたき込み、リードを6点に広げる。6回裏には、無死2、3塁から6番・大城滉二選手が適時打を放つと、7番・杉本裕太郎選手の併殺打の間に1点をあげ、2点を追加した。

 頼もしい援護をもらったオリックスの先発・山岡泰輔投手は、北海道日本ハム打線を5回まで3安打無失点に抑える投球を披露。6回表に1死2塁から4番・中田翔選手に適時打を許し、7回表に2死満塁のピンチを招いたところで降板。後を受けた齋藤綱記投手が3番・近藤健介選手に適時内野安打を浴びたが、大差は変わらず。

 8回表を吉田凌投手が無失点でつなぐと、9回表は漆原大晟投手が3者凡退で締めて試合終了。7回裏にも伏見寅威選手の4号ソロで追加点を挙げたオリックスが9対2で勝利した。山岡投手が7回途中7安打3四球2失点の好投を披露すると、モヤ選手、伏見寅威選手に本塁打が生まれるなど打線が爆発した。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発のマルティネス投手が4回途中5安打1本塁打7四死球4奪三振6失点(自責4)と制球が定まらず。打線は9安打を放ちながらも2得点に終わった。

  123456789 計
日 000001100 2
オ 02040210X 9

日 ●マルティネス-村田透-加藤貴之-福田俊
オ ○山岡泰輔-齋藤綱記-荒西祐大-吉田凌-漆原大晟

文・高橋優奈

関連リンク