埼玉西武は打撃好調の主将・源田壮亮に期待。楽天・瀧中瞭太はプロ初勝利なるか

2020-09-26 20:18 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/26 ライオンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月27日の13時からメットライフドームで埼玉西武と楽天イーグルスの第17回戦が行われる。26日の試合は5対1で埼玉西武が勝利し、カード勝ち越しを決めた。

【今季対戦成績】
埼玉西武→8勝7敗1分
楽天イーグルス→7勝8敗1分

【埼玉西武】松本航投手 13試合3勝3敗 71回 45奪三振、防御率4.06
【楽天イーグルス】瀧中瞭太投手 1試合0勝0敗 5.1回 1奪三振、防御率1.69

 埼玉西武の先発は松本航投手。8月から好調を維持していたが、前回登板のオリックス戦では3本のソロを浴びるなど5回4失点と試合をつくれず。黒星こそ付かなかったものの悔しい登板となった。しっかりと修正し、カード3連勝を決める投球ができるか。打線の注目は源田壮亮選手。9月は打撃好調で、26日の試合では勝ち越しの適時三塁打を放つなど3安打をマークした。キャプテンとして、引き続きチームを勝利に導く活躍をしたい。

 対する楽天イーグルスはルーキー・瀧中瞭太投手が先発。プロ初登板・初先発となった19日の福岡ソフトバンク戦では、6回途中1失点の好投で勝利に貢献した。今回も好投を見せ、プロ初勝利を手にしたい。打線の注目は26日に先制の適時打を放ったロメロ選手。9月は打率1割台と苦しんだが、終盤の上位争いに向け復調のきっかけをつかめるか。

文・丹羽海凪

関連リンク