鷹キラー・美馬学は8勝目を挙げられるか。柳田悠岐の豪快な打撃にも注目

2020-09-26 20:18 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/26 マリーンズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月27日の13時からZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第15回戦が行われる。26日の試合では、7対3で福岡ソフトバンクが勝利。2位・千葉ロッテとのゲーム差を再び「2」とした。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→9勝4敗1分
福岡ソフトバンク→4勝9敗1分

【千葉ロッテ】美馬学投手 13試合7勝2敗 82回 69奪三振、防御率4.50
【福岡ソフトバンク 二保旭投手 11試合4勝4敗 55回 27奪三振、防御率4.09

 千葉ロッテの先発・美馬学投手は今季ソフトバンク戦に3試合で3勝21奪三振、防御率2.70と好相性ぶりを発揮している。27日の試合でもその相性の良さを発揮し8勝目を挙げたい。打線では2試合連続マルチ安打を記録している井上晴哉選手に期待。前試合で決定打を欠いた打線だったが、井上選手の一打で試合を決められるか。

 福岡ソフトバンクの先発は二保旭投手。前回登板の北海道日本ハム戦では4.1回84球8安打3失点と粘りを見せた。ここまでチームが4勝9敗1分と苦戦している千葉ロッテ相手に勝利を挙げ、苦手克服の契機としたい。打っては柳田悠岐選手に注目。26日の試合は2安打をマークし打線を勢いづけた。豪快な打撃で2位・千葉ロッテを突き放したい。

文・下村琴葉

関連リンク