【ファーム】内田靖人の逆転打で試合を決めた楽天が5連勝!

2020-09-27 17:17 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・村林 点差を広げるタイムリーヒット!! 2020/9/27 E-L(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 9月27日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉にて行われた楽天イーグルスと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第7回戦は4対2で楽天イーグルスが勝利。引き分けを挟み5連勝となった。

 楽天打線は2回裏、先頭の5番・山下斐紹選手が二塁打で出塁。2死3塁としたところで8番・中村和希選手の適時打が生まれ、1点を先制する。援護をもらった先発の渡邊佑樹投手は5回表、四球から1死2塁とされると、山田遥楓選手に適時打を浴び同点とされる。しかし続くピンチを切り抜け、5回5安打3四死球2奪三振1失点でマウンドを降りた。

 同点で迎えた7回表に2失策と守備が乱れる間に1点を勝ち越されたが、8回裏に2つの四球と失策で無死満塁とする。代打の耀飛選手が併殺に倒れるも、申告敬遠で再び満塁としたところで内田靖人選手の適時内野安打が生まれ一気に逆転。さらに村林一輝選手の適時打で1点を追加し4対2とする。

 2点リードとなった9回表は釜田佳直投手が走者を許しながらも3三振を奪って締め、4対2で試合終了。勝利した楽天は先発・渡邊佑樹投手が5回1失点の好投を見せた。打線は3回以降得点できずにいたが、8回裏に相手のミスもあって逆転に成功した。一方の埼玉西武は先発・渡邉勇太朗投手が5回4安打2四球4奪三振1失点と好投したが、打線が9安打も2得点とつながりを欠いた。

  123456789 計
西 000010100 2
楽 01000003X 4

西 渡邉勇太朗-●上間永遠
楽 渡邊佑樹-由規-久保裕也-○菅原秀-釜田佳直

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク