9月防御率1.16の上沢直之が先発。対鴎打率.317の清宮幸太郎に快打は生まれるか

2020-09-28 19:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【7試合連続QS達成】ファイターズ・上沢直之圧巻の投球まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

 9月29日の18時からで札幌ドームと北海道日本ハムと千葉ロッテの第19回戦が行われる。2位と「7.5」ゲーム差で5位に着ける北海道日本ハムと、首位に「1」ゲーム差と迫る千葉ロッテによる3連戦の初戦はどのような展開を見せるか。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→8勝10敗
千葉ロッテ→10勝8敗

【北海道日本ハム】上沢直之投手 11試合7勝3敗 72.2回 74奪三振、防御率2.23
【千葉ロッテ】石川歩投手 14試合6勝3敗 91.1回 50奪三振、防御率4.34

 北海道日本ハムの先発は上沢直之投手。前回登板した22日の埼玉西武戦では、7回1失点の好投で7勝目をつかんだ。9月は4試合で3勝1敗、防御率1.16と好調なだけに、今試合でも期待できそうだ。打線では3試合連続安打中の清宮幸太郎選手に注目。シーズン打率は.196と苦しんでいるが、千葉ロッテに対しては打率.317と当たっている。今カードでも安打を重ね、数字を良化できるか。

 対する千葉ロッテは石川歩投手が先発する。前回登板した22日の楽天戦では、6.1回8失点と崩れた。2試合で防御率7.82と、球団別では最も打ち込まれている北海道日本ハム相手に好投を見せ、首位の座を狙うチームを勝利に導きたい。打線では戦列復帰した荻野貴司選手に注目。27日の試合で2安打を放ったリードオフマンに期待しよう。

文・東海林諒平

関連リンク