防御率トップの山本由伸は自身3連勝なるか。3試合連続本塁打中のモヤにも注目

2020-09-28 21:01 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》『今夜は究極の投手戦』B山本由伸(C)パーソル パ・リーグTV

 9月29日の18時から京セラドーム大阪でオリックスと埼玉西武の第19回戦が行われる。4カード連続勝ち越し中のオリックスと、3連勝を飾った埼玉西武による初戦の見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
オリックス→9勝8敗1分
埼玉西武→8勝9敗1分

【オリックス】山本由伸投手 14試合6勝3敗 95.2回 109奪三振、防御率2.63
【埼玉西武】高橋光成投手 13試合5勝7敗 79.2回 71奪三振、防御率4.52

 オリックスの先発は山本由伸投手。前回登板した22日の福岡ソフトバンク戦では、7回無失点投球で6勝目を挙げた。9月は4試合で3勝1敗、防御率0.93と好調のエースに期待がかかる。打線ではモヤ選手に注目。前カードでは3試合連続本塁打を放つなど、11打数5安打7打点の大活躍を見せた。今カードでも試合を決める一打は見られるか。

 対する埼玉西武は高橋光成投手が先発。前回登板した22日の北海道日本ハム戦では、3.1回5失点と崩れた。オリックスに対しては3勝0敗、防御率1.23と相性が良いだけに、今試合では好投を見せたいところ。打線では山川穂高選手に注目。山本投手との前回対戦では、タイムリーヒットを放ち勝利に貢献した。再び好投手を攻略し、自身の状態を上げていけるか。

文・東海林諒平

関連リンク