北海道日本ハムは渡邉諒の力強い打撃に期待! 対する千葉ロッテは岩下大輝が先発

2020-09-30 22:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/30 ファイターズ対マリーンズ ダイジェスト

 10月1日の18時から札幌ドームで北海道日本ハムと千葉ロッテの第21回戦が行われる。9月30日の試合では、千葉ロッテが緊迫した投手戦を制し、カード勝ち越しを決めている。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→8勝12敗
千葉ロッテ→12勝8敗

【北海道日本ハム】杉浦稔大投手 10試合5勝3敗 55回 48奪三振、防御率2.95
【千葉ロッテ】岩下大輝投手 13試合5勝6敗 72.2回 63奪三振、防御率4.58

 北海道日本ハムは中14日で杉浦稔大投手が先発マウンドに上がる。前回登板の福岡ソフトバンク戦では6回3安打2失点(自責点1)の好投を見せたが、中継ぎ陣が救援に失敗し、8月26日の埼玉西武戦以降白星から遠ざかっている。自らの好投で、チームの連敗を止めたい。打線は、「直球破壊王子」の異名を取る渡邉諒選手に注目。9月30日の試合では、2点を追う8回裏に2死1、2塁の好機で打席が回ってくると、9球粘った末に澤村拓一投手の直球をレフトに運び、1点差に詰め寄った。今試合でも豪快な打撃に期待しよう。

 対する千葉ロッテの先発は岩下大輝投手。前回登板の楽天戦では5回8安打3失点で6敗目を喫しているが、開幕からここまで先発ローテーションを守り続けるなど、安定感を見せている。今試合でも力強い投球で、自己最多の6勝目を挙げられるか。打線は、前試合でチームで唯一のマルチ安打をマークした安田尚憲選手に期待。安田選手の球場別成績に注目すると、札幌ドームで打率.350を記録する好相性ぶり。得意とする球場で、チームの首位浮上に貢献したい。

文・後藤万結子

関連リンク