【ファーム】愛斗が2試合連続弾、中熊大智が3安打3打点も、救援陣崩れ試合は引き分けに

2020-10-03 19:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ライオンズ・愛斗 2試合連続の第9号ホームラン!! 2020/10/3 L-G(C)パーソル パ・リーグTV

 10月3日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と巨人のイースタン・リーグ公式戦第12回戦は、7対7で引き分けに終わった。

 埼玉西武は初回、2死から四球と愛斗選手の安打で好機を得ると、中熊大智選手の適時打で1点を先制。同点で迎えた2回裏には牧野翔矢選手、綱島龍生選手の適時打などで3点を挙げると、3回裏に愛斗選手の2試合連続本塁打となる9号ソロ、4回裏には中熊選手に2点適時打が生まれ、4回までに7得点を挙げた。

 大きな援護を受けた先発の上間永遠投手は、2回表に陽岱鋼選手の適時打で1点を返されたが、それ以外の得点は許さず。5回4安打4四死球4奪三振1失点の内容で、プロ初勝利の権利を持って降板した。

 埼玉西武が前半に試合を決めたように見えたが、後を受けた救援陣がまさかの大乱調。多和田真三郎投手が香月一也選手に8号ソロを浴びるなど、2回2失点で降板。4点リードの9回表には、4番手の武隈祥太投手が2死から香月選手に9号満塁弾を浴び、序盤は爆発した打線も巨人の救援陣から得点を挙げられず。延長戦の末7対7で試合は終了した。

 埼玉西武は愛斗投手、中熊選手が3安打をマークするなど、打線が12安打7得点を記録したが、救援陣が6失点と大量リードを守れなかった。

  12345678910 計
巨 0100011040 7
西 1312000000 7

巨 ディプラン-ラモス-野上亮磨-藤岡貴裕-沼田翔平
西 上間永遠-多和田真三郎-大窪士夢-武隈祥太-齊藤大将 

文・東海林諒平

【ファーム】ライオンズ・中熊大智 先制タイムリーヒット!! 2020/10/3 L-G(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク