【ファーム】高部瑛斗が2安打3打点。千葉ロッテが連日の猛攻&完封リレーで連勝

2020-10-04 18:12 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・高部 一二塁間を破る先制タイムリーヒット!! 2020/10/4 E-M(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 10月4日、楽天生命パーク宮城にて行われた楽天イーグルスと千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第9回戦は、7対0で千葉ロッテが勝利。連日の猛攻で連勝を飾った。

 千葉ロッテ打線は3回表、1番・藤原恭大選手の安打などで1死2、3塁と好機を得る。ここで3番・高部瑛斗選手の適時打が生まれ2人の走者がかえると、続く4番・山口航輝選手の右翼席に飛び込む7号2ランでさらに2点を追加。4点の先制に成功した。

 続く4回表にも打線がつながる。2つの四球と安打で無死満塁とすると、藤原選手の押し出し四球、高部選手、細谷圭選手の適時打で3点を加え、7対0と完全に流れをつかんだ。

 先発の有吉優樹投手は初回から満塁のピンチも無失点で立ち上がり、その後も走者を背負いながらも3つの併殺を奪うなど落ち着いた投球。5回4安打無失点でマウンドを降り、その後は継投策へ。

 6回からは佐々木千隼投手、横山陸人投手、成田翔投手、渡邉啓太投手とつなぎ、9回裏にはフローレス投手が登板。走者を出しながらも無失点に締め、千葉ロッテが7対0で勝利。

 千葉ロッテは、高部選手が2安打3打点の活躍。4番の山口選手にも2ランが生まれるなど連日の猛攻を見せた。大量リードをもらった投手陣も先発・有吉投手の好投に始まり、中継ぎ陣も0に抑える好救援でつないだ。一方の楽天は先発・渡邊佑樹投手が中盤にかけつかまり7失点。打線も3併殺と好機をつくれなかった。

  123456789 計
ロ 004300000 7
楽 000000000 0

ロ ○有吉優樹-佐々木千隼-横山陸人-成田翔-渡邉啓太-フローレス
楽 ●渡邊佑樹-近藤弘樹-鈴木翔天-森原康平-池田隆英-宋家豪-釜田佳直

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク