【ファーム】川野涼多が3号同点2ランも、埼玉西武が引き分けを挟んで3連敗

2020-10-04 18:16 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】注目のルーキー ライオンズ・川野涼多 同点に追いつく2ランホームラン!! 2020/10/4 L-G(C)パーソル パ・リーグTV

 10月4日、CAR3219フィールドにて行われた埼玉西武と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第13回戦は、4対5で埼玉西武が敗戦。ルーキーの一発で同点に追い付くも、終盤に勝ち越しを許し、3連敗となった。

 先発の渡邉勇太朗投手は初回、連打で走者を背負うと、巨人の5番・岸田行倫選手の適時打で2点を先制される。さらに3回表には北村拓己選手に1号ソロを浴びるなど、序盤から失点が重なったが、自身最長の6.1回を投げ、9安打3四球4奪三振4失点でマウンドを降りた。

 序盤から3点のビハインドとなった打線は3回裏、1死から四球と安打で1、2塁とすると、2番・熊代聖人選手、3番・高木渉選手の連続適時打で2点を返す。直後の4回表に1点を失うも、4回裏2死1塁から9番・川野涼多選手に3号2ランが生まれ、試合を振り出しに戻した。

 しかしその後は決定打を欠き、同点で迎えた8回裏、3番手の武隈祥太投手が勝ち越しを許してスコアは4対5に。打線も8回裏は無得点に終わり、9回裏は3者凡退に倒れ試合終了。先発の渡邉投手が自身最多の118球を投げ7回途中4失点。打線は川野選手の2ランなどで同点としたが、勝ち越しの好機を生かせず、2つの引き分けを挟んで3連敗を喫した。

  123456789 計
巨 201100010 5
西 002200000 4

巨 井上温大-田原誠次-○藤岡貴裕-S沼田翔平
西 渡邉勇太朗-野田昇吾-●武隈祥太-齊藤大将

文・丹羽海凪

【ファーム】技ありの一打!! ライオンズ・高木渉 1点差に迫るタイムリーヒット!! 2020/10/4 L-G(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク