【試合戦評】中軸の二発で広島を下し、連勝の北海道日本ハムが2勝2敗の五分に持ち込む

2016-10-26 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

延長戦にもつれ込む熱戦となり、10回裏に大谷選手のサヨナラ打で今シリーズ初勝利を挙げた北海道日本ハム。1勝2敗となり迎える「SMBC日本シリーズ2016」の第4戦の先発は、北海道日本ハムが自身初の2桁勝利を挙げた3年目の高梨投手。一方の広島は新人の岡田投手による対決で試合が開始された。

先発・高梨投手は、球速以上の速さを感じさせる伸びのある直球を武器に、3回まで無安打投球。一方の北海道日本ハム打線は毎回走者を出すも、決定打を欠いてこちらも無得点。3回まで両チームのスコアボードに「0」が並び続ける。

試合が動いたのは4回表。四球で出塁を許した新井選手を1塁に置き、2死からエルドレッド選手が打ち上げた打球は右中間方向へ飛ぶ。これを内外野の4人が懸命に追い掛け、前進した近藤選手が落下地点で捕球を試みるも、これを捕球できず。不運な当たりで先制を許してしまう。

4回裏、5回裏はいずれも3者凡退に抑えられ、1点ビハインドで迎えた6回裏。先頭の中田選手が初球の外角のスライダーをフルスイング。打った瞬間にそれと分かる打球がレフトスタンドに突き刺さり、「前の打席からこういう攻めだったので狙い通りのスライダー」と振り返った4番の一振りで1対1の同点に追い付く。

2番手・バース投手が2回無失点。3番手・谷元投手が1回を無失点に抑えて流れを呼び込むと、昨日と同じく8回裏に試合が動く。1死から前の打席で同点本塁打を放った中田選手が四球で歩くと、2死となって打席に入った6番・レアード選手が値千金の勝ち越し2ラン。右手を高々と突き上げてダイヤモンドを一周した主砲の一発で2点を勝ち越す。

最終回のマウンドには宮西投手が上がり、満塁のピンチを招くも落ち着いてしのいで無失点。終盤の8回裏に勝ち越した北海道日本ハムが本拠地で連勝を飾り、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

昨夜の大谷選手のサヨナラ打から流れが変わり、今日の試合でも苦しみながら白星を手にすることができた。明日の第5戦が、今季の札幌ドームでの最後の試合となる。明日の試合でもきっちりと勝利し、日本一へリーチをかけて敵地・広島に乗り込みたい。