【ファーム】吉田輝星が6回1失点。野村佑希が3安打2打点、片岡奨人が2安打4打点の活躍

2020-10-06 17:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ファイターズ・吉田輝星 テンポよく6回1失点の好投!! 2020/10/6 L-F(C)パーソル パ・リーグTV

 10月6日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦第10回戦は、11対2で北海道日本ハムが快勝した。

 北海道日本ハムは初回、宮田輝星選手の安打と高濱祐仁選手の四球などで無死1、3塁から、けん制悪送球の間に1点を先制。なおも野村佑希選手、片岡奨人選手の連続適時打で2点を追加した。

 2回表には、2四球と安打で無死満塁から、2者連続の押し出し四球で2点を挙げると、野村選手に適時打、田宮裕涼(たみや・ゆあ)選手に2点適時打が生まれ、この回5得点。埼玉西武の先発・大窪士夢投手を捉え、8対0と序盤に大きなリードを得た。

 力強い援護を受けた先発の吉田輝星投手は、初回から2イニング連続で3者凡退に抑える立ち上がり。3回裏に3連打から1死満塁のピンチを招き、押し出し四球で1点を献上したが、後続を併殺に打ち取ってそれ以上の得点は許さず。4回以降も要所を締める投球を見せ、6回6安打1四球4奪三振1失点の好投で降板した。

 7回裏に2番手の長谷川凌汰投手が山田遥楓選手に7号ソロを浴びたが、以降は福田俊投手、鈴木健矢投手がそれぞれ1イニングを無失点でつなぎ、試合終了。6回表に片岡選手の内野ゴロ、8回表にも片岡選手の2点適時打で追加点を挙げた北海道日本ハムが11対2で勝利した。

 北海道日本ハムは、吉田輝投手が6回1失点投球で3勝目をマーク。打線は野村選手が3安打2打点、片岡選手が2安打4打点を記録するなど、12安打で11得点を挙げた。一方敗れた埼玉西武は、大窪投手が2回6安打5四球8失点(自責7)、藤田航生投手が1失点、武隈祥太投手が2失点と投手陣が崩れた。

  123456789 計
日 350001020 11
西 001000100 2

日 ○吉田輝星-長谷川凌汰-福田俊-鈴木健矢
西 ●大窪士夢-東野葵-藤田航生-武隈祥太-野田昇吾

文・東海林諒平

【ファーム】ファイターズのルーキー・片岡奨人 本日2本目のタイムリーでダメ押し!! 2020/10/6 L-F(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク